ヨシミオートサービス 守口市の自動車専門認証工場です!

カーエアコンサービスステーション PS134

カーエアコンサービスステーション PS134

本日は、スナップオンツールショーで気になったエアコンガス再生循環装置PS134をお店へ持ってきていただき、実車で体験させていただきました!
カーエアコンサービスステーション PS134
デモでも実車でしていただいたのですが、やはり色々な車種、年式、状態もありますのでどう対応できるのかがポイントです。
本当は一番見たかったフラッシング機能は今回オプションホースが用意できないということで、回収、再生、適切料充填を見たいと思います。
まずはいきなり外車でチェック!
出たばかりの機械なので、販売店の方も外車は思うようにいかなくて、全自動とはいかないようです。
構造上大型車は部品が大きいので正確な回収量がうまく出ず、補充量は手動で少し経験が必要だそうです。
結局車両側に問題アリで、要点検必要となりました。
お次の車も真空引きの途中、漏れが発見。
順調に冷風出ている車も、回収量が規定の半分しか入っておらず、要修理となりました。
この辺りは、アナログと違い正確な回収量が分からないと判断できないので、価値はあります。
カーエアコンサービスステーション PS134
最後は代車のステップワゴンで。
ツインエアコンなので900g入るのですが、回収量は大幅の1020g入っていました。
ガスが多すぎると逆に冷えないので、再生、規定量を充填。なんと3.5℃も下がりました。
ようやくこの機械の本領発揮!
カーエアコンサービスステーション PS134
カーエアコンサービスステーション PS134
もともと入っているガスを再生するので、環境にもgood! ガス量も追加分だけでいいのでとてもエコです!

しかし最後はやはり人間が判断しないといけないので、操作のこつは必要といった印象です。

最初にガス量と圧力チェックして、最終適切なガス量でチェックできるのでこの辺りは、アナログだと感覚、経験が頼りなので、数字で見れるのは、かなり正確なメンテナンスできると思います。

導入するかは検討ですが、機械は良いと思います!

コメント



認証コード2106

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional